サクセンダ(GLP1ダイエット) saxenda

HOME > 診察メニュー > サクセンダ(GLP1ダイエット)

サクセンダ(GLP1ダイエット)
Saxenda

FDAにて唯一承認を受けている「肥満症治療薬」

 

サクセンダ(GLP1)とは?

ノボノルディスクファーマ社が発売する【リラグルチド】の欧米における販売名であり、GLP-1受容体作動薬であるリラグルチドを使用しているのでGLP-1ダイエットとも呼ばれています。

FADにて唯一承認を受けている肥満症治療薬です。

1日1回の皮下注射で優れた血糖改善効果を示し、単独療法では低血糖を起こしにくい薬剤で、食欲を抑制し、摂取カロリーを抑え、その結果減量効果が期待できる次世代の減量薬です。

このような方におすすめです

ダイエットしたいが食欲を抑えられない方
1回の食事量が多い方
空腹が我慢できなくて間食してしまう方
夜食が必要な方
早く痩せたい方
「GLP-1」とは、誰もが体内にもっているホルモンの一つです。GLP-1ホルモンは私たちが食べ物を食べると、小腸から分泌され、全身の臓器に様々な効果をもたらします。 食後に腸で分泌されると、糖代謝を調節して、食べ過ぎを防ぐ役割があると考えられています。 「GLP-1」を使うと、食欲が低下するので、満足するまで食べても、食べすぎになりません。結果、体重が減ります。

①自然に食欲が落ちる

GLP-1は、脳の食欲を司る器官に作用し、食べる量をコントロールしています。肥満者はこのGLP-1が減ってしまい、空腹感が続く→食べる→体重増加→GLP-1が減少という悪循環が起こっています。
GLP-1を投与することで、体内のGLP-1を増やし、食欲を抑え、自然に体重を減らします。

②意思の力は関係ないので、自然に健康的に続けられる

今までのダイエットではつらい食事制限やハードトレーニングが、体や心に負担をかけ、強いストレスになっていませんでしたか?
長期的にみると強いストレスを感じたまま続けても、健康を害したり、リバウンドの原因になります。
GLP-1ダイエットは自然に食欲が落ち、少しの量で満足できる様にゆるやかに体質を変え体重を減らします。
意思の力に依存しませんので、自然体で続ける事が出来る、健康的なダイエットなのです。

③痩せている人のホルモン状態に近づける自然な治療法

太っている人は、痩せている人に比べGLP-1の量が少なく、食欲を抑える力も弱いので少量で満足できず食べ過ぎてしまい、更に太ってしまいGLP-1が減る、という悪循環が起こります。
GLP-1ダイエットは、体内のGLP-1の量を増やし、痩せている人のホルモン状態に近づける事で食べる量を減らします。体重が減ることでGLP-1は痩せている人の量へ変化してゆくという自然な治療法なのです。

④自宅でかんたんに治療できる

1日1分の簡単自己注射
ペン型の注射器で、誰でも簡単に使うことが出来ます。
糖尿病治療の自己注射でも使用される極細針のため、痛みの心配はありません。

お渡しするもの・サクセンダ本体
・針(30日分)
・消毒綿(30日分)
・針回収BOX(使用後お持ちください)

施術の流れ

123
カウンセリング使用方法の説明処方

注意事項

  • 【禁忌】
    ・糖尿病治療中の方 ・心疾患、甲状腺疾患、膵臓疾患のある方 ・肝障害、腎障害の方 ・70歳以上の方
    ・妊娠中、授乳中の方(産後3ヶ月以内) ・腸の外科手術、内視鏡手術の既往歴がある、また腸閉塞の方 
    ・てんかん ・膠原病

    【おこりうる合併症・副作用】
    ・悪心 ・嘔気、嘔吐 ・食欲不振 ・胃のむかつき ・倦怠感
    ・吐き気はSaxendaを始めた最初に起こりやすく、体が薬に慣れてくれば次第に無くなっていきます。

    【使用における注意事項】
    ・Saxendaは2型糖尿病の治療薬ではありません。インスリンと一緒に使用しないでください。
    ・SaxendaはとVictozaは同じ有効成分、リラグルチドが入っておりますので、一緒に使用していただけません。
    ・Saxendaは他のGLP-1受容体作動薬と併用してはいけません。
    ・Saxendaは未成年の使用にはお勧めできません。

よくあるご質問
FAQ

Skin お肌のお悩み

Facial お顔のお悩み