ピコスポット picospot

HOME > 診察メニュー > ピコスポット

ピコスポット
Picospot

しみ、そばかすをピンポイントで
お悩みの箇所に狙い撃ち

 

ピコスポットとは

ピコスポットでは、従来のレーザー治療に使われていたQスイッチレーザーの1,000分の1にあたる「ピコ秒」という短いパルス幅の弱い出力で照射されるため、肌にやさしく、よりスピーディ且つ安全な治療が期待できます。スポット照射を行うことにより通常のトーニングより少ない照射回数で高い効果が期待できます。

このような方におすすめです

肝斑が気になる
シミ・ソバカスが気になる

しみ、そばかすの粒子の大きさに合わせて照射

肝斑、しみ、そばかすのメラニン色素の大きさはそれぞれ異なりますので適切な照射をしなければ小さい粒子が残ってしまいます。当院ではお客様の肌に最適な照射を行います。

深い深度への照射

ピコスポットでは532nmの深さまでレーザー照射を行うことによって皮膚の下の色素に届くことができます。

ピコスポットの治療経過

1,レーザー照射気になる箇所にレーザーを照射します。
2,患部の初期の経過照射した直後の患部は白くなります。
3,患部の一週間後の経過一週間くらいで患部は黒いかさぶたのようになります。
4,かさぶたがはがれる新しい皮膚ができて剥がれるとピンク色の肌になります。
5,1ヶ月後以降その後、患部は1〜2ヶ月くらいで二次性の色素沈着になる場合がございますので美肌クリーム(ハイドロキノン・トレチノイン)で予防します。
6、患部が落ち着き、きれいな肌色になります。その後はまたシミにならないようにしっかりと紫外線対策をしてください。

施術の流れ

1234567
カウンセリングクレンジング・洗顔施術クールダウンクリーム塗布メイク終了

注意事項

  • ■レーザーが受けられない場合がある方
    ・強い日焼けしている方、強い日焼けをするおそれのある方(1ヶ月以内)
    ・刺激性の高い皮膚状態の方(アトピー、蕁麻疹、アレルギー等)
    ・創傷治療に問題のある方
    ・抗凝血剤を服用している方
    ・他院にてレーザートーニングを2週間以内に受けておられる方
    ■レーザートーニング治療が出来ない方
    ・金製剤の服用歴がある方
    ・治療部位に金の糸を入れている方
    ・光感受性の強い方(光アレルギー等)
    ・光感受性を増強させる薬剤を服用している方
    ・妊娠中の方

よくあるご質問
FAQ

Skin お肌のお悩み

Facial お顔のお悩み