ピコトーニング picolaser

HOME > 診察メニュー > ピコトーニング

ピコトーニング
Picolaser

早く、そして肌に優しい。
美肌へ導く新世代のシミ治療

 

ピコトーニングとは

ピコレーザートーニングでは、従来のトーニング治療に使われていたQスイッチレーザーの1,000分の1にあたる「ピコ秒」という短いパルス幅の弱い出力で照射されるため、肌にやさしく、よりスピーディ且つ安全な治療が期待できます。数回のセッションを行うことで、お肌全体の美白効果を実感いただいたり、開いた毛穴の対策にもオススメです。通常のトーニングよりも安全で肌に優しく、高い効果が期待されます。

このような方におすすめです

肝斑・シミ・ADM・そばかすなど、顔全体のシミが気になる
アトピー性皮膚炎などの色素沈着の改善がしたい
お肌の色ムラやくすみのない透明感のある肌にしたい
顔全体のトーンアップをしたい
ダウンタイムがほとんどなく、施術後すぐに日常生活を送りたい
シミ等の改善とともにキメ細かい肌になりたい

「はやく」「キレイ」に治療効果を発揮

レーザーは照射時間が短ければ短いほど皮膚に熱変性させずに、メラニン色素を破壊させることができ、加えて色素の粒子を極細・極小にすることでこれまでのレーザーでは取り切れなかった色素までアプローチをすることが可能になりました。 ピコレーザーは、従来のレーザーよりかなり粒子が細かくなるので素早く色素が消失していきます。

治療後からメイクもOKの「ノーダウンタイム」

従来のレーザーでは、治療に強い痛みがありました。しかし最新のピコレーザーは痛みがほとんど感じられないレベルまで制御されています。 また、従来のレーザーは治療後にかさぶたができたり、赤みが続いたり、日常生活に多少の不便がありましたが、ピコレーザーはダウンタイムが少ないので、治療直後からメイクや洗顔ができます。

コラーゲン・エラスチンの増生によりお肌のハリを実感

シミや美白の効果だけにとどまらず、肌のターンオーバーを促してキメを整える、コラーゲンを増生して肌のハリを取り戻し小ジワを改善する、開いてしまった毛穴を引き締める、目元のくまを目立たなくする、肌の質感を向上させるなど、混在する様々な症状を解消して、お肌をランクアップさせます。

各種治療が組み合わさると効果が大幅アップ

ピコレーザートーニング単体でも効果がありますが、ナノミスト導入やエレクトロポレーションなどの経皮導入や、点滴、内服薬、外用薬などと組み合わせると相乗効果が期待できます。

併用のおすすめ治療

内服の効果ピコレーザーは内服治療(トラネキサム酸・ビタミン)と併用して行うことで、効果を高め、治療後のリスクを軽減することができます。ピコレーザートーニングで頑固なシミや肝斑は薄くなりますが、また濃くなってしまうことがあります。効果を長持ちさせるために美白剤の外用と紫外線対策、定期的な内服をお勧めします。
└ビタミンCビタミンCの効能は紫外線への抵抗力の強化、体の免疫力向上、コラーゲンの生成等があります。ビタミンCには、紫外線やストレスが原因で出来るシミを抑制する効果があります。これは、ビタミンCが持つ抗酸化力により、シミの原因であるメラニンの生成を抑制、還元する為です。また、ビタミンCはコラーゲンを生成し、肌に弾力のあるハリを与えます。皮膚や粘膜の強化に欠かせないコラーゲンは、細胞と細胞を結ぶ接着剤的な働きがあり、病原菌やウィルスの侵入を防ぎます。ビタミンCは体内に蓄えておくことができず余った分は尿として排出されるため、頻繁に摂取する必要があります。
└ビタミンEビタミンEの代表的な働きは、高い抗酸化作用です。これによって有害な活性酸素を除去し、細胞膜を保護します。また血行促進作用、体の機能を正常にする作用があり血行を良くし、肌のシミや冷え症を防ぐ働きもあります。 さらにビタミンEには女性ホルモンの分泌を助けるので更年期の症状の予防、改善に期待できます。ビタミンEが不足するとシミができたり、皮膚の抵抗力がなくなります。
└トラネキサム酸トラネキサム酸には止血効果、抗炎症効果、色素沈着抑制効果などがあります。シミ、肝斑は女性ホルモンや紫外線等の様々な刺激を受けることにより発生すると考えられていますが、これを阻害する働きをもつのがトランサミンです。 メラニンを作り出す前にメラノサイト(色素細胞)に働きかけ、肝斑、シミの発生を抑える美白効果があるため、外用薬としてシミなどの治療に用いられる化粧品にはトラネキサム酸が配合されているものが多いです。服用を続けることで、シミの発生を抑えたり、肌のくすみ・赤みを解消することが出来ます。
ピーリング古くなった角質を取り除くことで、レーザーの光を入りやすくし、レーザーの効果を高めてくれます。
エレクトロポレーションレーザー後は乾燥しやすいため、各悩みの美容液を導入することで保湿をしてくれるとともに悩みの改善へ導いてくれます。

施術の流れ

1234567
カウンセリングクレンジング・洗顔施術クールダウンクリーム塗布メイク終了

注意事項

  • ■レーザーが受けられない場合がある方
    ・強い日焼けしている方、強い日焼けをするおそれのある方(1ヶ月以内)
    ・刺激性の高い皮膚状態の方(アトピー、蕁麻疹、アレルギー等)
    ・創傷治療に問題のある方
    ・抗凝血剤を服用している方
    ・他院にてレーザートーニングを2週間以内に受けておられる方
    ■レーザートーニング治療が出来ない方
    ・金製剤の服用歴がある方
    ・治療部位に金の糸を入れている方
    ・光感受性の強い方(光アレルギー等)
    ・光感受性を増強させる薬剤を服用している方
    ・妊娠中の方

よくあるご質問
FAQ

Skin お肌のお悩み

Facial お顔のお悩み