下眼瞼下制法 lower-eyelid

HOME > 診察メニュー > 下眼瞼下制法

下眼瞼下制法
Lower Eyelid

たれ目で優しい愛され目元に!

 

下眼瞼下制法とは

まぶたの裏側から結膜を切開し、CPF(線維組織)と瞼板を糸で結び、下まぶたの中央~外側を下方に下げることで、つり目を改善する施術です。大きく改善させたい場合や後戻りしないように黒目の内側から目尻にかけてまつ毛の下側で皮膚切除を行うこともあります。より効果を高めるために目尻切開を併用することもあります。

このような方におすすめです

たれ目にしたい方
つり目を改善したい方
目を大きく見せたい方

ダウンタイムについて腫れ:個人差にもよりますが、3日~1週間で落ち着いてきます。より自然になるまで更に2~3週間を要します。2~3日は痛みや熱感がありますが、ご心配ありません。
内出血:まれに内出血が出ることがありますが、お化粧で隠せる程度で1~2週間ほどで自然に消えます。
結膜のむくみ:稀に結膜浮腫や白目部分の内出血が出ることもありますが、自然に消失しますのでご心配ありません。当院では、専門の医師がお顔のバランスに合わせてデザイン、手術を行いますのでご安心ください。

施術の流れ

123
カウンセリング施術アフターケア

注意事項

  • ■術前注意事項
    ・洗髪、入浴は済ませてください
    ・サングラスやメガネを持参してください
    ・コンタクト使用者はメガネを持参してください
    ・未成年者は親の同意書を持参してください
    ・車での来院(自己運転)は避けてください

    ■術後注意事項
    ・家に帰っても冷却して下さい。ただし凍傷に注意し、アイスノンは皮膚に直接あてないようお願いします。
    ・うつ伏せに寝ないで下さい。夜寝るときは枕を使用し頭を高くして下さい。
    ・目はこすらないようにして下さい。
    ・読書や細かい作業はせずにゆっくり目を休めて下さい。
    ・7日後に抜糸があるので予約をとっていただきます。

よくあるご質問
FAQ

Skin お肌のお悩み

Facial お顔のお悩み