育毛(内服薬) hair-growth

HOME > 診察メニュー > 育毛(内服薬)

育毛(内服薬)
Hair Growth

内服薬で内側から育毛を促進!

 

育毛(内服薬)とは

近年、薄毛に悩む男性が増加しています。これまでは中年以降の悩みとされてきた薄毛ですが、最近は20~30代の若い男性の間でも髪の毛のボリュームに悩む方が増えてきています。脱毛症には様々な種類がありますが、国内で最も患者数が多いのがAGA(男性型脱毛症)になります。

AGAは進行性の脱毛症で、治療をしなければ薄毛や抜け毛の進行をストップさせることはできません。しかしセルフケアや市販の育毛剤を試すだけでは、AGAを改善することはそう簡単ではありません。「AGAをなんとかしたい」、そう願う方にお勧めなのがAGAの専門医が処方するAGA治療薬です。

AGA治療薬は名前のとおり、AGAに対して高い改善効果があるお薬です。使用することで頭皮環境が整え、薄毛や抜け毛が改善されていきます。薄毛、抜け毛にお悩みの方は、これからご紹介するAGA治療薬の使用を検討してみてはいかがでしょうか。

このような方におすすめです

最近、抜け毛が多くなってきた
頭頂部の髪が薄くなったようだ
市販の育毛剤では効果が見られない
額など生え際が後退してきた
分け目が目立ってきたようだ
枕、お風呂の排水溝に抜け毛が多い
髪のコシやハリがなくなってきた
最近、フケが出て頭皮に痒みがある

処方箋の種類

フィナステリドフィナステリドはプロペシアを主成分とするAGAに対する内服薬です。
フィナステリドは、当初、前立腺肥大症(BPH)の治療薬として開発されましたが、同時にAGA患者の薄毛が改善されたことから、フィナステリドの男性ホルモンの働きを抑える作用のAGAにおける効果が認められました。これ以降、フィナステリドはAGA治療薬として注目されるようになりました。
AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成に必要な5α還元酵素をフィナステリドは阻害することでDHTの生成を抑制しヘアサイクルの中の成長期の期間を延長させます。そうすることで髪の毛が抜けるのを防ぎ、毛も太くなり、休止期にある毛根が減るので全体的に髪の毛が多くなっていくという作用機序です。
ミノキシジルミノキシジルは毛母細胞に直接働きかけ、血流を増やす作用があります。血流を増やすことにより、毛根に栄養が多くいきわたり、髪の成長を促します。ミノキシジルを単剤使用した場合は、すでにある毛根に対しては成長を促しますが、産毛を生やすという作用は多くありません。
ザガーロザガーロの特徴は、DHTに変換する原因となる5αリダクターゼの「Ⅰ型」「Ⅱ型」どちらも阻害してくれるということ。従来はⅡ型が主な原因とされていたのですが、プロペシアでは効果が見られなかった薄毛患者がⅠ型も阻害してくれるザガーロで発毛効果を得られたという例があり、注目が高まっています。

施術の流れ

12
カウンセリング処方

注意事項

  • 内服薬の場合下記の副作用が出る場合がございます。
    勃起機能不全・リビドー減退(性欲減退)・射精障害・肝機能障害・全身倦怠感

    前立腺癌の腫瘍マーカー(PSA)の数値を低下させるため、健康診断等でPSAを測定する場合、服薬していることを伝える必要がございます。

よくあるご質問
FAQ

Skin お肌のお悩み

Facial お顔のお悩み