ビーハイブニードリング beehiveneedling

HOME > 診察メニュー > ビーハイブニードリング

ビーハイブニードリング
Bee Hive Needling

ニキビ跡のクレーターや広がった毛穴を治すには
ビーハイブニードリング(通称:蜂の巣ニードル)

 

ビーハイブニードリングとは

ニキビ跡、毛穴、肌質改善に最適なアートメイクの針を利用したニードリング治療です。

お肌にダーマペンという微細な針がついたペンを使用し、お肌に高密度に穴を開けることにより、傷を治そうという力が働きます。そして、自身の成長因子が働き、コラーゲンやエラスチンが増幅します。その結果、毛穴やクレーターが小さくなり、お肌に張りが出てきます。ターンオーバーの改善にもつながるため、くすみや肌のトーンもアップするという効果もあります。

オプションの成長因子や幹細胞培養液を使用することで、効果がより一層増し、よりきれいな肌へ生まれ変わらせることができます。

このような方におすすめです

毛穴が開いている方
ニキビ跡の凹凸が気になる方
クレーターがある方
目じりの小じわが気になる方
お肌のハリに悩んでいる方

ニキビ跡・クレーター

ニキビ跡、クレーターなどはレーザー治療でも治すのが難しく、回数をかけて通わなければ完治させることがなかなか難しいのが現状です。

ビーハイブニードリングでは気になる箇所を重点的に治療することが可能ですので、施術者がお客様の肌の状態を見ながら手作業で施術を行います。

皮下組織から肌再生を促すことにより、きれいな肌へ生まれ変わらせます。

小じわや肌のハリがほしい方にも最適な施術といえます。

選べるオプションでさらなる効果を

成長因子(3種類配合)当院で利用する成長因子は3種配合のマルチペプチドです。

①ヒト成長因子
繊維芽細胞をはじめとする受容体を持つ様々な細胞へ作用し、細胞の分化、増殖、形態形成、組織修復、がん細胞増殖と浸潤などさまざまな生物活性に関与するタンパク質で、原料の基礎となっております。

②EGF
表皮細胞成長因子で、ターンオーバーを司る表皮幹細胞に指示を出し、表皮細胞を増殖させる働きをしています。生まれ変わりを促進するわけですから、シミやくすみ、ゴワつき改善への効果が期待できます。

③FGF
線維芽細胞成長因子です。真皮の中にある成長因子で、真皮幹細胞に指示を出し、線維芽細胞を増殖させます。肌の弾力を保つのに必要なコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸、SOD(抗酸化物質)などを活性化。その結果、シワやたるみの改善が期待できます。
幹細胞培養上清液近年研究が進んでいる「再生医療」の観点から開発された幹細胞(骨髄幹細胞)を使用します。

この幹細胞培養上清液に含まれる成長因子やサイトカインと呼ばれるたんぱく質は、

抗炎症作用
抗酸化作用
創傷治癒作用
免疫調整作用
組織・神経修副作用  等

様々な作用を有しており、各医療分野で応用されております。

なお、幹細胞培養上清液には細胞が一切含まれていないため、幹細胞治療で懸念されている癌化の恐れはありません。また、良質な上清液を使用致しますので、利用にあたっての副作用などはありません。

施術の流れ

123
カウンセリング施術アフターケア

注意事項

  • ■下記の方は、医師の確認承諾書がないとアートメイクが施術できない場合があります。
    ・心臓の病気のある方、ペースメーカー等を使用されている方
    ・ケロイド体質(ミミズ腫れになり易い方)
    ・アトピー症状のひどい方
    ・まぶたの皮膚が薄い方 (毛細血管がたくさん浮いていると、にじんでしまう場合があります)
    ・血圧の高い方、低い方
    ・血液の病気がある方 (白血病・A/B/C型肝炎・エイズ等)
    ・抗うつ剤使用・パニック症候群・メンタルクリニック等に通院されてなど、精神面で心配になることがある方
    ・妊娠中・授乳中の方 (眉毛は安定期のみ要相談・その他、アイラインは不可)
    ・重度の糖尿病の方 (インシュリンを使用している)
    ・感染症にかかっている方
    ・金属アレルギーのひどい方
    ・その他医師相談が必要とおもわれる方

    ■施術前にご承諾いただく項目
    ○完全を期するため、アートメイクは2~3回にわけて行います。
    ○2~3日はオイルクレンジングは避けてください。(その他クレンジングはOKです)
    ○アートメイク当日はメイク箇所の石鹸、クレンジング等の洗顔、及びお化粧はお避けください。
    ○施術直後にメーク、コンタクトをしていただいても構いませんが、衛生面には十分に注意してください。(ファンデーションは清潔なスポンジを使うなど)
    ○腫れを防ぐため、当日のアルコールや長時間の入浴は控えてください。
    ○アートメイク後の7日間前後はプール・海水浴・温泉・ジャグジーなど大勢の方が入る場所は避けてください。
    ○1週間は直射日光を避け、日焼けサロンや海水浴も避けてください。
    ○2日間ほど1日2~3回綿棒、コットンなどで軟膏を薄くのばし、人ごみや空気の悪い場所は避けるようにしてください。
    ○アートメイク後、腫れや痛みがひどい場合は冷たいタオルで冷やし、就寝時には枕を高くしてお休みください
    ○4~5日経つとかさぶたになり多少色素もはがれ落ちますが、無理にはがしたり、引っかいたりすると色素斑や傷になりますので避けてください。
     ※仕上りは施術直後の半分くらいの薄さになります。
    ○修正は、眉・アイラインは10日~2週間後を目安におこないます。
    (個人差もありますので、必ず施術者に確認してください。)
    ○ピーリングや人間ドックの前には、念のために医者員にアートメイクの報告をしてください。
    ○記録のため、施術前および施術後の写真撮影に応じていただきます
    ○アートメイクをすること、およびアートメイクの色、濃さ、幅、形、位置等につき技術者からきちんと説明をうけます。納得をしたうえで施術を開始します。
    ○皮膚に刺激を与えるため、注意を払ってもかゆみや水ぶくれ、化膿、炎症等、皮膚に異常が生じる場合があります。
    ○施術後の払い戻し、返金は致しておりません

よくあるご質問
FAQ

Skin お肌のお悩み

Facial お顔のお悩み